フリーだからこそ重要なキャリアデザイン

会社に所属して働いているときには、仕事の仕方、自分の能力の身につけ方などにはあまり興味を持たない方が多いことでしょう。
会社の中での自分の立ち位置や目の前の仕事をクリアすることを意識することはあっても、その後の生き方に今の仕事がどう結び付くのかという事をしっかり考えていくという機会はあまりありません。

これまでは、働くといえば終身雇用であることがほとんどだったので、自分自身の人生についてはあまり深く考えなくても定年を迎えるという事は出来ました。しかし、現代日本では終身雇用制度が壊れてきているため、生き方自体を会社に頼っていくという事が難しくなってきているのです。

場合によっては会社を離れて自分自身で生きていかなくてはならない状況になることもあるため、自分自身でキャリアデザインをしていくことが求められていくのです。今の仕事がその後にどう生かせるか、という事を考えながら仕事をこなしていくことで、自分自身のスキルを高めることにつながり必要とされる人材になることができるようになります。

フリーで仕事を取る場合も、やみくもに仕事を受けようとするのではなく、自分のキャリアデザインに沿った仕事に集中していくことで専門性を身につけ、より高度な仕事をこなすことができるようになるという事もあるのです。
必要とされる人になり、長く働くためにも今のうちにキャリアデザインについて考えておくことは重要であるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です